ドライブレコーダーは必要性があるのか?徹底分析!おすすめ人気ランキング

タクシーやトラックなど、運転を仕事とするプロドライバーには必要不可欠となっているドライブレコーダー。運転をする以上、加害者と被害者どちらの立場にも立つ可能性があり、万が一に備え「動かぬ証拠」を記録することは、一般ドライバーにとって重要になりつつあります。

ドライブレコーダーは、どれを選べば良いのか、用途やメリット、目的別などなど様々な視点からどのドライブレコーダーを選べば良いのか、ご説明していきたいと思います!

ドライブレコーダーはどんなもの?必要性を機能から考えてみる

ドライブレコーダーとはどんなもの?

ドライブレコーダーは、万が一の時のときや、ドライブの記録を位置情報とともに記録するアイテムとして、主に使用されています。

万が一の時とは、事故が起きた時や運転中でのトラブル時に、動かぬ証拠として、動画を記録することで保険会社へ提出したり、相手とのやりとりに交渉材料として使うことができます。

また、ドライブが趣味の方は、位置情報と日時などを記録しながらドライブ日記などをつけるために、趣味としての用途もあります。

今や、価格帯やラインナップも幅広く揃っており、ドライブレコーダーは必要不可欠となってきています。

ドライブレコーダーのラインナップにはどのような機能の種類があるのか?

ドライブレコーダーには、以下のような機能を持ったモデルがあります。

・前方の動画や写真を撮ることができる

・位置情報(GPS)を記録することができる

・車内の音声を録音することができる

・エンジンを停止している時でも振動に反応して録画できるモデルがある

・運転を快適にするための運転補助をする機能のモデルがある

多くのモデルは、価格帯によって以上の機能を選ぶことができます。

ドライブレコーダーを購入する時のポイントと注意点

幅広い価格帯から色々な機能のモデルを選ぶ際のポイントと注意点をご紹介します。

ドライブレコーダーの「画質など綺麗に撮影できるか」に注目してみよう

画質には主に3種類があります。

・フルHD

・HD

・VGA

ドライブレコーダーが世に出はじめた頃は。VGAと呼ばれる比較的、画質が荒いものが主流でした。これだと遠くの文字や景色が見えづらいです。

しかし、現在はHDやフルHDが主流になってきており、VGAでは荒くなりがちだった画質を高画質で記録することができます。

また、記録を広角に記録できることも魅力の一つです。画角と呼ばれ「100度」などと表記されており、できる限り広角に記録できることに越したことはありません。

しかし、画質と画角の組み合わせによっては、記録が丸く(魚眼レンズ)のようになってしまう可能性があるため、サンプルを確認することをおすすめします。

<振動を検知して、エンジンが切れている時でも記録する機能>

ドライブレコーダーは、エンジンが切れている時は電源もオフになります。

駐車時には、車を当て逃げされる可能性があるため、エンジンが切れているときでも記録ができれば嬉しいものです。

そこで、振動を検知して自動で電源が入り、当て逃げやトラブルを記録できる機能があります。

<位置記録機能 (GPS)で、「いつどこで」までを記録する>

トラブル時に情報を提示する時は、「いつどこで」までがわかると、話の進み方が変わってきます。GPS機能は是非とも欲しい機能です。

ドライブレコーダーの取り付け、電源の取り方を確認しよう

ドライブレコーダーの取り付けには、以下のような種類があります。

・ダッシュボードに両面テープを使って固定するタイプ

・窓ガラスに吸盤を使って固定するタイプ

・車種固有のステーを使って固定するタイプ

乗っている車種、ドライブレコーダーをスッキリ見せたいかによって、固定するタイプが変わりますので注意が必要です。

ドライブレコーダーの電源の取り方にも種類があります。

・シガーソケットを使って電源を取るタイプ

・アクセサリー電源から電源を取るタイプ

シガーソケットタイプであれば、差し込むだけで簡単に電源が取れますが、配線を目立たせずスッキリ見せたい方には、アクセサリー電源を選ぶと良いでしょう。

迷ったらこれで間違いなし!ドライブレコーダー人気ランキング

どの機種を購入するか迷っている方に向けたおすすめしたいランキングは以下の通りです。

〈第5位〉ケンウッド ドライブレコーダー スタンダード DRV-325

トンネルの出入り口で発生する明るさの変化にも対応できるHDR、振動を検知するGセンサーを装備しています。また、スタイリッシュなルックスで車内に取り付けてもかさばることはありません。

参考価格:¥13680~¥17800

〈第4位〉コムテック ドライブレコーダー HDR-251 GH

LEDの信号機にも対応し、HDR・WDRの搭載により夜でも高画質で撮影できることが嬉しいポイントです。

参考価格:¥20480~¥22224

〈第3位〉トランセンド Drive pro 220M

フルHD対応で車線逸脱防止機能や追突の危険回避、スピード超過警告機能など運転補助機能が充実しています。高機能でありながら、手頃な値段で手に入るところも嬉しいポイントです。

参考価格:¥14980~¥15800

〈第2位〉パイオニア carrozzeria ND-DVR10

フルHDの高画質で画角も広角に設定されています。

また、振動に応じて電源が入る機能やWDRの採用で、明るさの変化にも強いことが特徴です。とてもスマートなデザインで、かさばらないところもポイントですね。

参考価格:¥17298~¥27000

〈第1位〉ケンウッド GPS内蔵ドライブレコーダー DRV-610 

3Mと超高画質で、WDRにも対応したプレミアムモデルです。視認性の良い大型モニターやスタイリッシュなデザインがかっこいいです。また、運転支援機能も充実したモデルで、迷ったら迷わずこれがおすすめかと思います。

参考価格:¥15924~¥23760

購入時に参考にしたい、目的・用途別おすすめしたいドライブレコーダー

目的や用途別におすすめしたい機種を選んでみました。

〈コストを重視したい方におすすめ〉

DBPOWER ドライブレコーダー

薄型ボディに広角レンズを採用したフルHDのモデルです。運転支援機能さえないものの、記録を残したいという方には、コストパフォーマンスも優れていることから、コストを重視したい方におすすめです!

価格:¥4680

〈最新の新機種が欲しい方におすすめ〉

サンコー ドライブレコーダー CARDVR360

ミラー型のドライブレコーダーとなります。この機種のポイントは、何と言っても360°全方位記録することがきます。横や後ろのトラブルも対応できることが強みのモデルです。

価格:¥19800

【まとめ】

今や必需品となりつつあるドライブレコーダーをご紹介しました。

価格帯やラインナップが豊富に揃ってきていますので、是非サイトを参考にして、ドライブレコーダーを手にしてみてください!

これから購入を考えている方から、買い替えを考えている方に参考になればと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です