車中泊マットレスの選び方 段差を無くす!!快適な眠りはマットで決まる!!

ここ最近では新しい旅のスタイルとなっている「車中泊」

時間や場所に縛られることなく自由な旅ができるのが魅力ですね。

そして1番のメリットとしては宿泊費がかからないので大きな節約になります。

そんな車中泊をより快適に過ごすために必要なアイテムを今回は紹介したいと思います。

車中泊の最大のデメリットである「寝心地」

朝起きて「寝た気がしない」「腰が痛い」では次の日が楽しめません!!

そんなことにならない為に必要なのが「車中泊マット」

「選ぶ時のポイント」や「オススメの車中泊マット」をご紹介いたします。

車中泊マットの選び方!価格よりも重視するポイント!

真っ先に気になるのが価格ですよね。

Amazonで検索しても900件以上の検索結果で価格も様々。

2000円くらいの物から数万円のマットまであります。

「どれを買ったらいいの??」

と迷わない為に重視するポイントをまとめました!!

失敗しない為にもこのポイントだけは押さえておきましょう!!

厚さ

車中泊を快適に過ごせるかはどれだけ平らにできるかで決まります。

車のシートはフルフラットにできる車種でも凹凸しており、

シートベルトのバックルなどが邪魔になります。

 

それを埋めることができる厚さが一番重要なのです。

安価なものはペラペラの薄いマットで毛布を引いているのと変わりません。

寝袋を代用するのも同じことが言えます。

快適に過ごすための目安の厚みは10cmです。

「厚すぎない?」と思うかもしれませんが凹凸を埋めるために必要な厚みです。

もちろん車種によって異なりますので

マイカーのシートの凹凸具合で決めてもいいかもしれません。

素材

エアーマット

車中泊マットで多いのが空気を入れて膨らます「エアーマット」です。

「軽量」「コンパクト」収納時も邪魔になりません。

しかも簡単に空気で「厚み」を出すことができる優れもの!

ただし自力で膨らまそうとすると一苦労。

シガーソケットで使える電動ポンプも合わせて準備しましょう。

 

高密度ウレタンフォーム

今最も注目されている素材がこちら!!

寝心地バツグンのウレタン素材で収納性に優れております。

エアーマットと違い空気バルブを開くと中のウレタン素材が空気を吸い込んで

自動的に膨らみます!!

収納時は圧縮しながら丸めるだけ!!

価格帯が少し高めですがそれくらいの価値があります。

 

オススメのマットレスはこれ!

これまでのポイントを踏まえた上でオススメのマットをご紹介いたします。

オススメのマットがこちら

「FIELDOOR 車中泊マット」

・高密度ウレタンフォーム素材のマット

・サイズのバリエーションが多い

「S,M,L」と「厚さ5cm,10cm」と選べる6種類

・カラーも4色から選べる

ブラック/オレンジ/ブラウン/カモフラ

価格帯 5900円〜

実は車中泊マット界で1番有名で人気のマットというのが

「オンリースタイル 車中泊専用マット」

いろんなメディアやブログで紹介されております。

ただこちらのマット価格が高すぎる。

上の商品と同じサイズで16000円と約2倍のお値段。

素材やポイントはほとんど一緒なのに。

コストパフォーマンスの面で私は「FIELDOOR 車中泊マット」をお勧めします!

車中泊にオススメグッツ

・枕(エアーピロー)

自宅で使っている枕を持って行ってもいいですが車に常備しておきたい方にオススメ。

・サンシェード/カーテン

早朝、太陽の光が眩しすぎて起こされる。眠れない。を防ぐためにあると便利

外からの視線を防ぐこともできます。

・網戸(ウィンドーバグネット)

夏場に「暑いので窓を開けたいが害虫が・・」って時に役立つアイテム。

装着も簡単でお値段もお手ごろ価格。

まとめ

車中泊マットをご紹介させていただきました。

種類が豊富なので自分に合ったマット選びの参考になれば幸いです。

宿泊費を節約する為なのに意外とマット代が高くって思った方も

2回、3回とするうちに節約できますし、自宅で急な来客でも使用できます。

何より快適な睡眠はプライスレスです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です