コンバーチブルSUV「レンジローバーイヴォーク」の燃費と口コミ、評価まとめ

今回紹介する「レンジローバーイヴォーク」は、コンパクト化されたボディサイズに、ダウンサイジングされた並列4気筒エンジンを搭載した異質とも言えるモデルです。車を購入するにあたり、どのようなメリットがあるのか。ネガな部分でもあるデメリットも含めて分析して行きましょう!

レンジローバーイヴォークの評価や口コミはどうなのか

2012年の発売からレンジローバーイヴォークは、最新モデルに至るまで熟成を重ねてきました。車を購入するにあたり、ユーザーの評価はとても参考になる貴重な意見から考察してみましょう。

評価・口コミから考える、良かったポイント

・ボディサイズが最適化されたことで、高さ制限を気にする機会が減ることで、都内でもストレスがなくなった。

・レンジローバーのグレードでありながら、500万から購入できるエントリーモデルが設定されていることで、オプション追加をすることで個性を主張できることが嬉しい。

・レンジローバーというグレードの中では安価な設定になっているが、インテリアやエクステリアに抜かりはなく、鋭い顔つきと優越感に浸ることができる内装がお気に入りです。

・排気量が小さくなったことでしっかり走るのか心配したが、ターボとの相性が良く満足のいくものだった。また、10km/Lは走る好燃費が経済的にも嬉しい。

レンジローバーの中でも敷居の低いモデルにも関わらず、高級感のあるインテリアと精鋭な顔つきのエクステリアがユーザーの高評価を得ているようです。

また、コンパクト化されたサイズ感を使いやすいと感じる方もいました。

評価・口コミから考える、悪かったポイント

・排気量が並列4気筒2000ccと小さいサイズになり、大排気量エンジンからの乗り換え組からすると、トルクがなくなり高速道路での走りに物足りなさを感じる。

・足回りが硬い印象で、小さなギャップもシビアに拾う印象。少し疲れやすく感じる。

大排気量からの乗り換えから比較すると、エンジンのパワーやトルク不足を不満と感じる方もいるようです。

レンジローバーイヴォークの燃費はどうなのか

車体がコンパクト化され重量が抑えられた上に、排気量が2000ccと並列4気筒エンジンにターボの組み合わせで、燃費の向上に貢献している仕様となっています。

公表値では、10.6km/LとSUVのジャンルでは十分経済的な数値となっています。また、燃料はハイオク指定となっていますが、燃費の良さが維持費のふたんを軽減しています。

レンジローバーを維持していく上で、この燃費はありがい数値ですね。

魅力のコンバーチブル!!インテリア・エクステリアを見てみる

手の届く価格になろうと高級感が損なわれないインテリア

上質なレザーで包まれたインテリアを採用しています。

ガラス張りで開放感を与えられたルーフにより快適な居住空間を演出してる仕様や、ホロを開閉式でオープンカーに変更できるコンバーチブルの仕様があります。

鋭い顔つき、洗練されたエクステリアは世界も認めるカタチ

一目でレンジローバーだとわかる鋭い顔つきに、大きい車体をシャープな形状でまとめることで、都会的な印象を与えるデザインです。SUVの頂点に君臨するレンジローバーは、世界であらゆる受賞暦が証明しています。海外のSUVにありがちな、高級路線に走りすぎたそれではなく、高級感とアウトドア感も漂わせるエクステリアを演出できるのは、このメーカー独特のものではないでしょうか。

スペックから魅力を探ってみる

レンジローバーでは、異質となる並列4気筒ターボ搭載のダウンサイジングエンジンを採用しています。コンパクト化された車体にはとても相性が良い組み合わせだと思います。それは、日本国内で運転する場合、大きすぎるパワーやトルクを使えるシチュエーションがないからだと思います。

「扱えないものより、扱いやすいもの」が日本国内では求められていると思います。走行機能に関しても、クルーズコントロールを搭載することで快適さを演出し、オフロード走行への機能も抜かりがありません。

レンジローバーイヴォーグの中古車市場はどうなっているか

2012年から販売されているモデルですが、気になる中古車市場はどうなっているのでしょうか。

平均相場は、450万円ほどとなっています。

あまり値崩れしないあたりを見ると、不動の人気が影響していると考えられます。

レンジローバーイヴォークの欠点を見てみる

コンパクト化され、国内に最適化されたサイズが魅力です。

しかし、唯一欠点を上げるとすれば、車幅が大きいことです。

約1900mmある車幅は、国内の駐車場に収めるには苦労するサイズであること、そして都内の細い道での苦労にもつながります。

イヴォークを理解し、細い道を精査すれば何のこともない欠点とも言えます。

いろんな視点から見たレンジローバーイヴォークは買うべきなのか?

レンジローバーを490万円から手に入れることができること、レンジローバーの中ではエントリーモデルとなりますが、高級車であることを再確認することができるインテリア・エクステリアの演出は、初めてレンジローバーのユーザーとして、優越感に浸ることができる仕様は買うべきだと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です